メタボと漢方薬

スポンサードリンク


メタボリックシンドローム通称メタボを解消する対策として2008年4月から都道府県などの自治体や健康保険組合といった保険者に、特定健診・保健指導が義務づけられ、実施されることから、いまや世の中、“メタボ”が関心事になっています。
このメタボを薬で何とかならないか世の小太りのお父様方・お母様方は戦々恐々としながら一生懸命楽に脱メタボを考えます。そこで最近人気なのは薬局やドラッグストアーで購入できる大衆薬(OTC医薬品)です。ロート製薬から発売されている和漢方薬の「ロート防風通聖散錠」や「お腹の脂肪が多い方に」というキャッチコピーが話題を呼んだ小林製薬の「ナイシトール85」。この二つの薬が人気が高いのは新陳代謝を促進して脂肪を減らす有効成分「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」を含んだ漢方薬だからです。
その他ではクラシエ薬品が、以前からタイプ分けの脂肪燃焼系漢方としてコッコアポSやLを販売しています。




特定保健用食品通称トクホでメタボ解消対策

漢方薬で脱メタボもいいけれど、もっと楽に対策出来ないかと考える方は、特定保健用食品通称トクホこれは、難しく説明すると、厚生労働大臣によって有効性に係る表示を許可又は承認された食品(特定保健用食品)及び特定の栄養成分を含むものとして厚生労働大臣が定める基準に従い、該当する栄養成分の機能を表示する食品(栄養機能食品)を指すもので、法令上に規定された食品だそうです。 説明はこのぐらいでこのトクホ製品を食べて脱メタボ対策はいかがですか? 実際にどのような物があるかと言えば緑茶飲料の「ヘルシア緑茶」、サントリーの「黒烏龍茶」、味の素ゼネラルフーヅの「ブレンディコーヒーオリゴ糖入り」等があります。 さあコレで私を含めたメタボのお父様方・お母様方!今日から漢方の服用かお茶、コーヒーを飲んで脱メタボリックシンドロームを目指しましょう。

治療する場合のメタボ対策

痛いとか辛いといった自覚症状に乏しいメタボ解消の対策は、生活習慣病の特徴である動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、食事療法により脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法で摂取カロリーの適正化そして脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となります。 男性は腹囲90cm未満・女性は腹囲80cm未満を目標にしましょう!


スポンサードリンク