ハマーH1誕生

スポンサードリンク


ハマーを作らせた人はターミネーターで有名なカリフォルニア州知事でもあるアーノルド・シュワルツネッガー氏が当時軍用車であったHUMVEE(ハンビー)の製造元に要望して、一般用に販売されたのが、ハマーの始まりらしいです。当のアーノルド・シュワルツネッガーも3台所有し愛用しているようですよ。 ついでですが、あのジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領も愛車として使用していたそうです。 それから映画「The Rock」ではショーン・コネリーが乗るハマーH1が登場しています。 また、映画「トランスフォーマー」でもサイバトロン戦士ラチェットでハマーH2が登場してます。
ここまできたら日本の有名人でハマーを乗っていた人を紹介しなくてはいけませんね。 まずは岩城晃一さん。化粧品会社がスポンサーの某テレビ番組で実車を紹介していました。 その他だと元プロ野球の選手新庄剛志さんやSMAPの木村拓哉さん、プロボクサーの亀田興毅選手、長渕剛さん、プロ野球選手の清原和博選手等が愛車として使用していたそうです、どうです皆さん中古車でもいいから買ってみては?
話を戻して、ハマーH1は1992年の6月に限定で工場直販が開始しました。 1992年の10月からは一般ディーラーでの販売が始まりました。 2005年モデルからは、いすゞ製のディーゼルエンジンを搭載し、名称もハマーH1 ALPHAとなりました。 2006年からは原油価格高騰の影響を受けて、1リッターで走行がわずか4キロメートル前後のハマーH1は深刻な問題を抱えることとなりました。
燃費悪いですねー!これでは今のガソリン高では中古でも手が出ないかな?
2007年からのディーゼルエンジン排気ガス基準の強化により追い打ちもあり、2007年モデルの試作を行いましたが、基準を満たすめどが立たなくなりやむなく販売を中止しました。中古車は値段も安くなり買いやすくなったようです。

ハマーH2

2000年のデトロイトショーに出展し注目を集め、市場に出たのが2002年になりますが、このハマーH2は瞬く間に、車好きのユーザーだけではなく一般の人々にも有名になりました。 アメリカ中のセレブや有名人などに大ウケし、GM自身も驚くくらいの大ヒットとなったのです。なぜGMか?それはハマーH1の人気に目を付けたGM社はAMジェネラル社との合意でハマー名称を独占的に有する権利を得て、製造や販売を共同で行うこととなったからです。 ハマーH1は軍用的すぎてその大きさが日本の道路事情を考えた時、限られた人間にしか許されない車であるのに対して、H2はアメリカのフルサイズSUVの大きさ程ですから、ギリギリ日本で乗るとしても許される範囲の車と思います。 ハマーH1、H2という名称ですと、兄弟車のようなイメージを抱きますが、比較をしてみると実際には軍用車がベースのH1とは中身が全く違う代物で、H2はGMのフルサイズトラック・シルバラードをベースに作られています。 エンジンを比較してみてもH1は6,500ccディーゼルターボエンジンなのに対し、H2は6,000ccガソリンエンジンとなっています。 私はハマーH2が都会的で好きですね、でも中古でも買えないかも。まずは自転車からかも・・・

ハマーH3

だいぶH2と比べるとコンパクトになりましたね、それはシボレー・コロラドのシャーシをベースにH2と比較検討した結果さらに小型化したモデルH3だからです。 軍用車ベースのH1は残念ながら生産終了となりましたが、H2は世界的な大ヒットとなり、そのスモールサイズ版であるH3もヒットのようです。 ヒットの要因としてベース車に加え、ラグジュアリー、アドベンチャー、とラインナップが増えたことも2008年モデルの特徴です。 また3.5リッターだった直列5気筒エンジンは、排気量が3.7リッターに拡大されがトランスミッションは基本が4段ATで、ベース車では5段MTも選べる設定になってます。 さらにアドベンチャー以外ならすべて右ハンドルを選択できます。 また、2008年7月からパワフルなV8モデルが加わり、選択肢が増えたのも見逃せないところですね。ハワイやラスベガスなどではハマーのリムジンが人気でがこれでさらに人気となること間違いなしでね。。 やっぱりH3もいいですね本当に中古でいいから買って燃費も気にせず有名芸能人みたいに乗りたいですね。


スポンサードリンク